BLOG

読みもの

褒めるのがいいのか、叱るのがいいのか。

2022.04.08

教育 組織管理

日頃より大変お世話になっております。 
中小企業サポートセンターの宮本です。 

管理職研修の後に、管理職の方と話していると、新入社員や若手社員に対して、褒めるのがいいのか叱るのがいいのかという質問をよく受けます。

一概には言えませんが、
ある心理学者E.B. ハーロックの実験をご紹介いたします。

ハーロックは、
A:いつも褒める
B : いつも叱る
C : 褒めも叱りもしない
D : 統制群(普通の状態)
の4つの群を設定し、学習効果について調べました。

その結果、A>B>D>Cという結果がでました。
一方、数日が経つとBのいつも叱る群のみ学習効果が著しく低減しました。

上記から言えることは、職場においてもまずは褒めるのがいいということです。
また、C群のように放置するのはよくないということです。
しかしながら、褒めるといっても機能しなくては意味がありません。

望ましい行動を増やしたいわけですから、本人の人格ではなく、本人の行動を褒めるようしてあげると効果が高いでしょう。
(例えば「○○さんすごいね」よりは「○○さんのこういうところは素晴らしい!」等)。

労務に関するお悩みなど、弊社として何かしらお役に立てることがありましたら、お気軽にお問合せ下さい。

中小企業サポートセンター
宮本

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

初めてで何もかもがわからない、どこまでやってくれるの?
分かりやすく丁寧にお答えいたします。