BLOG

読みもの

それって本当に業務委託ですか?

2022.02.12

労務・社会保険 法律関連

日頃より大変お世話になっております。 
中小企業サポートセンターの松村です。 

今回は、「それって本当に業務委託??」というテーマです。

昨今の働き方改革の推進やワークライフバランスが謳われ、働き方を見直す方は非常に多くいらっしゃいます。
その中で「個人事業主」という言葉や「業務委託」という言葉によく耳にするようになりました。Uber Eats(ウーバーイーツ)の拡がり等もあり副業で個人事業主として業務委託契約を結ぶという事例も珍しくありません。

業務委託の注意点

副業で個人事業主として業務委託契約を結ぶことは、企業側も人件費・教育費を抑えるメリットがあるとして取り入れている事例が多々見受けられます。

ただ業務委託として取り扱うには注意点があります。

ポイントは簡単なところで2つ

〇業務委託先に勤務場所・勤務時間・業務内容・進め方等について指示・命令をしていないか?

〇時給や日給で報酬を決めていないか? 欠勤控除や残業代を払っていないか?

業務委託として扱っているが上記に該当する!という方は要注意です。

雇用契約と判断された時点で、社会保険の加入や労働基準法の適用、つまり残業代の発生も考える必要がでてきます。

雇用契約とは異なる点をしっかりと把握して運用には十分に気を付けて頂ければと思います。

雇用契約か業務委託か、メリットデメリットについてもっと知りたい、その他ご不安な点、ご相談等ございましたら、弊社までお声掛けください。

今後ともよろしくお願いいたします。

中小企業サポートセンター
松村

関連記事

お問い合わせ

まずはお気軽にご相談ください

初めてで何もかもがわからない、どこまでやってくれるの?
分かりやすく丁寧にお答えいたします。